login

Julia Tips (jp)

Top / Julia / tips

Japanese / English

Juliaの覚え書き。主にLinux(bash)環境で気象解析を行うことを想定。
こちらにJulia入門を書いています。

ドキュメント

コメント文

  • 1行
    # comment
    
  • 複数行
    #=
    comment
    ...
    =#
    

配列

生成・初期化

関数 説明
Array{Type}(undef, dims...) Type型でサイズがdims...の配列を返す

配列の基本的な関数

関数 説明
length(A) Aに含まれる全要素数
dims(A) Aに含まれる次元の数
size(A) Aに含まれる各次元の要素数(タプル)
size(A, n) An番目の次元に含まれる要素数

collect

配列として連番を作成する

collect(start:step:end)
collect(start:end)
  • stepを省略すると1になる。

関数

ブロードキャスト

  • ループを書くことなく、配列の要素それぞれに対して関数の処理を行うことができる。

文字列処理

文字列を分割

split( string, separator )

パッケージ

パッケージを追加

julia> ]
(@v1.4) pkg> add package-name
  • パッケージモードから戻る場合はバックスペース

スクリプト内でパッケージを追加

using Pkg
Pkg.add( package-name )

パッケージを利用

using package-name

描画

Plots

default()

デフォルトの挙動を指定。

REPL の場合、

default( show = true )

とすると即座に表示されるっぽい。

入出力

Tips: 既存のファイルが存在する場合に削除

julia> isfile( filename ) && rm( filename )

入出力(HDF5)

オープン

fid = h5open( filename, mode )
  • mode
    • "r":読み込み限定
    • "r+":読み書き。ファイルが存在する場合は中身を保持
    • "cw":読み書き。ファイルが存在する場合は中身を保持、ファイルが存在しない場合は作成
    • "w":読み書き、ファイルが存在する場合は上書き
  • 以後、fid でファイルを操作する

データの読み込み