ログイン

draws.gs

Top / GrADS / script / draws.gs

Japanese / English

名前

draws - 図に対する相対位置を指定して文字列を表示する。

概要

draws
    [-pos position] [-base base]
    [(-xoffset | -xo) xoffset] [(-yoffset | -yo) yoffset]
    [-color color] [-setfont size] [-angle angle]
    string

説明

引数なしで実行するとヘルプが表示されます。

引数

-pos position
文字列を表示する位置。デフォルトは "tc"。
-base base
positionに対する文字列の基準位置
(-xoffset | -xo) xoffset
水平方向のオフセット(調整値)。デフォルトは "0"。
(-yoffset | -yo) yoffset
鉛直方向のオフセット(調整値)デフォルトは "0"。
-color color
文字色。デフォルトは "1"。
-setfont size
setfont.gs に与えるサイズ。
-angle angle
文字の回転角[度]。デフォルトは "0"。
string
描画する文字列。必ず最後の引数として指定する。

position, baseで設定可能な値

図又はpositionに対する位置
tc 中央・上
bc 中央・下
tl 左上
bl 左下
tr 右上
br 右下
l
r

使用例

(1) 図の左上に文字列"U[m/s]"を表示する

ga-> draws -pos tl U[m/s]

(2) 文字の大きさを指定して上に文字列"Temperature"を表示する

ga-> set strsiz 0.15 0.15
ga-> draws -pos tc Temperature

(3) 横軸と縦軸のラベルを表示する

ga-> d t
Contouring: 240 to 310 interval 10
ga-> draws -pos bc -yo -0.2 -setfont normal longitude
ga-> draws -pos l -xo -0.3 -setfont normal -angle 90 latitude
ga-> printim draws_sample3.eps

ソースコード