ログイン

xcbar.gs

Top / GrADS / script / xcbar.gs

Japanese / English

名前

xcbar - カラーバーを任意の位置・大きさで描画する。

概要

xcbar
    [ xmin xmax ymin ymax ]
    [ ( -xoffset | -xo ) xoffset ] [ ( -yoffset | -yo ) yoffset ]
    [ ( -fwidth | -fw ) fwidth ]
    [ ( -fheight | -fh ) fheight ]
    [ ( -fthickness | -ft ) fthickness ]
    [ ( -fskip | -fstep | -fs ) fskip ]
    [ ( -foffset | -fo ) ( foffset | center ) ]
    [ ( -fcolor | -fc ) fcolor ]
    [ ( -fxoffset | -fx ) fxoffset ] [ ( -fyoffset | -fy ) fyoffset ]
    [ -edge ( box | triangle | circle ) ]
    [ ( -direction | -d ) ( horizontal | h | vertical | v ) ]
    [ -line [ on | off] ]
    [ ( -linecolor | -lc ) linecolor ]
    [ -levcol c(1) l(1) c(2) level(2) ... l(cnum-1) c(cnum) ]

説明

xmin, xmax, ymin, ymax の指定がない場合は、cbar.gs のように自動的に位置が決まる。 引数なしで実行するとヘルプが表示される。

引数

xmin
カラーバーの左側のX座標値
xmax
カラーバーの右側のX座標値
ymin
カラーバーの下側のY座標値
ymax
カラーバーの上側のY座標値
( -xoffset | -xo ) xoffset ]
カラーバーの位置の標準からのX方向のずれ。デフォルト値は 0。
( -yoffset | -yo ) yoffset ]
カラーバーの位置の標準からのY方向のずれ。デフォルト値は 0。
( -fwidth | -fw ) fwidth
フォントの幅。デフォルト値は 0.12。
( -fheight | -fh ) fheight
フォントの高さ。デフォルト値は 0.13。
( -fthickness | -ft ) fthickness
フォントの太さ。デフォルト値は height×40。
( -fskip | -fstep | -fs ) fstep
ラベルのステップ(間隔)。デフォルト値は 1。
( -foffset | -fo ) ( foffset | center )
ラベルの開始位置(最小値のラベルが0)。centerを指定するとラベルをできるだけ中央に配置する。デフォルト値は offset=0。
( -fcolor | -fc ) fcolor
ラベルの色。デフォルト値は 1。
( -fxoffset | -fx ) fxoffset ]
ラベル位置の標準からのX方向のずれ。デフォルト値は 0。
( -fyoffset | -fy ) fyoffset ]
ラベル位置の標準からのY方向のずれ。デフォルト値は 0。
-edge ( box | triangle | circle )
ラベル端の形。デフォルト値は "box".
( -direction | -d ) ( horizontal | h | vertical | v )
カラーバーの向き(水平: horizontal 又は h、鉛直: vertical 又は v)。デフォルト値は "horizontal"。
-line [ on | off]
カラーバーの境界線の有無。デフォルトは "off"。-line を指定するとデフォルトで "on"。
( -linecolor | -lc ) linecolor
カラーバーの境界線の色。デフォルト値は 1。
-levcol c(1) l(1) c(2) level(2) ... l(cnum-1) c(cnum)
カラー番号とレベル。これを使うと、図を描く前にカラーバーを描くことができる。

使用例

(1) 1.5<=x<=9.5, 0.5<=y<=0.7 にカラーバーを描く。

ga-> open t.ctl
ga-> set gxout shaded
ga-> d t
ga-> xcbar 1.5 9.5 0.5 0.7

(2) 9.5<=x<=9.7, 1.5<=y<=7.0 に縦長のカラーバーを描く。

ga-> open ps.ctl
ga-> set lat 20 60
ga-> set lon 120 160
ga-> set gxout shaded
ga-> d ps
ga-> xcbar 9.5 9.7 1.5 7.0
  • 位置に応じて縦長・横長は自動的に決まるため、ふつうは-directionを指定する必要はありません。

(3) 色と色の間および外周に線を描き、丸端のカラーバーを描く。

ga-> open u.ctl
ga-> set gxout shaded
ga-> set lev 500
ga-> d u
ga-> xcbar -line on -edge circle
  • 位置を指定しない場合、cbar.gsのように自動的に位置が決まります。

(4) 1<=x<=10, 0.7<=y<=0.9 に、ラベルの幅(0.15)と高さ(0.18)を指定して三角端のカラーバーを描く。

ga-> open t.ctl
ga-> set gxout shaded
ga-> set z 3
ga-> d t-273.15
ga-> xcbar 1 10 0.7 0.9 -fw 0.15 -fh 0.18 -edge triangle

(5) 上と同じ条件に加えて、ラベルの出力間隔を2として開始位置を1ずらす。

ga-> open t.ctl
ga-> set gxout shaded
ga-> set z 3
ga-> d t-273.15
ga-> xcbar 1 10 0.7 0.9 -fw 0.15 -fh 0.18 -edge triangle -fs 2 -fo 1

(6) 図を描くことなくカラーバーを描く。

ga-> xcbar 2 9 0.3 0.5 -levcol 1 -50 2 -40 3 -30 4 -20 5 -10 6 0 7 -line on

ソースコード